堀歯学博士監修 受け口&しゃくれ矯正治療ガイド

ロゴロゴ


2000を超える豊富な治療実績と、
15年以上の臨床で実証された安心のメカニズムで、他医院では不可能だった歯並びを、約1年で解決した事例を多数紹介しています。

※個人差があります。

無料メール相談へ無料メール相談へ

骨切り術なし骨切り術なし

年間150症例年間150症例

オリジナル診断オリジナル診断

咬み合わせも改善咬み合わせも改善

受け口・しゃくれの原因受け口・しゃくれの原因費用について費用についてドクター紹介ドクター紹介

当院で行う矯正の特徴当院で行う矯正の特徴治療期間について治療期間について著書紹介・関連リンク著書紹介・関連リンク

重心矯正®とは重心矯正®とは無料メール相談無料メール相談医院概要・交通アクセス医院概要・交通アクセス

オリジナル診断方法オリジナル診断方法無料カウンセリング予約無料カウンセリング予約日本全国ご来院マップ日本全国ご来院マップ

痛み抑制法痛み抑制法失敗しない矯正歯科選び失敗しない矯正歯科選びトップページトップページ

HOME > 下顎前突(受け口・しゃくれ・反対咬合)タイプ

ゴリラタイプ:下顎前突(受け口・しゃくれ・反対咬合)

※効果等には個人差があります。

ゴリラタイプ:下顎前突(受け口・しゃくれ)の特徴

◎受け口です
◎滑舌がよくありません
◎しゃべることに対してストレスがあり、ゆっくりしゃべります
◎猫背や出っ腹の場合が多い
◎腰痛もちが多い

ゴリラタイプ

顔の歪みが引き起こすゴリラキャラ

ゴリラキャラ特徴

ゴリラキャラさん、美人への道

ゴリラキャラの方は、どうしたら直るんでしょうか?
上アゴは前より奥の方が少し上がっているのが普通の状態ですが、上アゴの奥が下がっていて、水平になっています。そのため、上アゴに下アゴが押し出された状態です。これを「受け口」といいます。
通常は、受け口は下アゴの骨を切って改善します。しかし、重心矯正の場合は上アゴを前に回転させて正常な角度に戻します。同時に、下アゴも奥に引っ込み、受け口が改善されます。上アゴを前に回転させることで、鼻や頬骨も前に突き出て、顔が立体的になります。

ゴリラ矯正前1before



矢印

ゴリラ矯正後1after

ゴリラ矯正前2before



矢印

ゴリラ矯正後2after

無料メール相談無料メール相談

無料カウンセリング予約無料カウンセリング予約

ゴリラタイプさんにおすすめのエクササイズ

エクササイズ

STEP1

STEP1
寝た状態で行います。胸のつけ根から手の先まで体の中にしまい込みます。おしりの下にある手のひらは床につけています。


STEP2

STEP2
そのままのポーズで、アゴを天井へ向け、余裕のある方は頭のてっぺんを床にくっつけます。胸が開いている感覚をつかみ、深呼吸・・・。首に負担をかけずに、お腹の筋肉を使ってバランスを取りましょう。
ゆっくりと自分のペースでもとの寝ポーズに戻ります。


STEP3

STEP3
寝たまま首をゆっくり2~3回左右に往復させます。

無料メール相談無料メール相談

無料カウンセリング予約無料カウンセリング予約

こだわりの矯正治療
骨切りが必要と言われた方骨切りが必要と言われた方
抜かない矯正抜かない矯正
咬み合わせにこだわった矯正咬み合わせにこだわった矯正
簡単にできる部分矯正(マウスピース矯正)簡単にできる部分矯正(マウスピース矯正)
お子様・赤ちゃんの矯正お子様・赤ちゃんの矯正
裏側矯正裏側矯正

堀歯学博士 著書紹介

book_01.jpg
キレイになる顔のゆがみとり教室
-HORI式B・Rプログラムでスッキリ小顔-

詳しくはこちら>>

book_02.jpg
顔が変われば、人生が変わる!!
-重心矯正歯科医のあくなき挑戦-

詳しくはこちら>>